EDの原因を知り、バイアグラで治しましょう!

EDとは、男性の性的機能障害の一種で、勃起が起こらない、あるいは維持できないといった理由により、 射精が不可能であることをいいます。
日本では、40代から50代の男性の半数がEDに悩んでいるとの報告があるほど、悩んでいる方は多いのです。
一般的には加齢に伴いその数は増加していきますが、近年では20代の方も急増しています。
では、EDの原因とはなんなのでしょうか?多くは加齢が理由にあたります。
年齢増加につき、自然とセックスから遠ざかる、という方は多いのです。
その他にはうつ病などの精神病やストレスといった心因性によるものが最近ではとくに多く見られます。
心因性には2種類あり、1つは現実心因と呼ばれ、 ストレスなどが理由で発症します。
ストレスの場合は、交感神経の緊張により血管が収縮し、陰茎内部の海綿体への血流増加が邪魔されることによって発症するのです。
意外と多いのが、パートナーを相手にするととたんに萎えてしまう特定型の症状です。
AVや風俗では勃起できるのに、家に帰るとうまくいかない、というようなものが症状です。
こういったものは自分でストレスの原因が見つけやすいため、比較的早期に治る方が多いですよ。
もう1つは深層心因と呼ばれるもので、幼児期や性行為に関するトラウマなどがあげられます。
本人に自覚がない場合が多く、原因の特定も困難な場合があるようです。
また、若い世代の方に多いのは、自分本意の自慰行為にあまりに慣れすぎてしまって、セックスでは刺激が足りなく感じてしまうという方もいます。
刺激は強くなればなるほど鈍感にもなります。
あまり強い刺激に慣れすぎると、同じ刺激を与えない限り勃起しないのです。
そういう方は、一度自慰行為をやめてみるという方法もありますよ。
一週間やめてみたら正常に勃起ができた、という方も多いです。
そのほかには糖尿病や高血圧などの治療薬の副作用として起こることがあります。
個人個人でEDの原因はさまざまありますが、では、一度EDになってしまったら治らないのでしょうか?ED治療の方法はたくさんあります。
まずは、焦らないといことが肝心です。
精神的なEDでなくとも、男性の勃起は大変デリケートなもので、精神状態に左右されやすくできているのです。
「絶対に失敗できない」と自分を追い詰めず、まずはパートナーを楽しませることを考えてみましょう。
パートナーが興奮してくれたら男性は誰でも満足しますし、それがEDを乗り越えるいいきっかけにもなってくれるのです。
次に、いつもと違う雰囲気を作ってみることもいですよ。
音楽をかける、ラブホテルに行ってみる、アダルトグッズを使ってみるなど、工夫してセックスを楽しみましょう。
最後に、どれをやっても効果が得られないようでしたら、ED治療薬がとても効果的です。
EDの治療には、主に、厚生労働省の認可を受けたバイアグラなどが使用されます。
誰でも知っているバイアグラでしたら服用するのにためらいも少ないでしょうし、ストレスからのED治療にも、一番の助けになることでしょう。