EDに悩む男性の歯痒さを解消してくれるカベルタ

皆さんは、いざ力を発揮したい時に身体が言う事を聞いてくれず歯痒い思いをした、という様な経験をした事が無いでしょうか。
EDの症状は、そんな歯痒さを男性に味わわせるものだと言えます。
EDの方は性欲が無くなっているのではなく、性欲があってもペニスが勃起してくれないのです。
特に加齢によって引き起こされるEDはペニスのメカニズムによって引き起こされるものであり、本人の性欲の高さとは関係なく発症します。
ですので、本人としてはパートナーとセックスを楽しみたい気持ちはあっても、ペニスが勃起してくれないと言う歯痒さを味わっていると言えるのです。
ではここで、加齢によって起こるEDとペニスの精密なメカニズムとの関連性について説明してみたいと思います。
ペニスの内部には勃起を起こし、それを維持するのに必要なcGMPという神経伝達物質が存在しています。
その一方で、cGMPを破壊して勃起を収束させる力を持つPDE5という酵素もペニス内部には存在していて、両者がバランスを取り合う事で正常な勃起は維持されるのです。
EDは、この内のcGMPが加齢によって減少してしまう事で引き起こされます。
勃起を促進するcGMPが減少し、勃起を収束させるPDE5の力が強くなってしまうので、勃起が起こりにくくなるのです。
さて、こうしたEDの仕組みに着目したのが、世界初のED治療薬であるバイアグラです。
バイアグラの主成分シルデナフィルはPDE5の働きを阻害します。
PDE5の働きが阻害される事によってcGMPがペニスの内部での血中濃度が高まりやすくなり、硬い勃起とその持続力を取り戻せるのです。
こうしたバイアグラのもつ薬効は、性欲があってもセックスを実現出来ないという男性の歯痒さを解消してくれます。
ただ、こうした治療薬があっても、その価格が高い事からなかなか購入することが出来ないという方もおられるでしょう。
日本国内でバイアグラの処方を受けるには、4錠で6千円という金額を支払わなければなりません。
こうした価格の高さからバイアグラを購入出来ない方は、またしても歯痒い思いをする事になります。
そんな方にお勧めしたい医薬品があります。
それがインド製のジェネリック版ED治療薬であるカベルタです。
カベルタは、インドの大手製薬メーカーであるランバクシー社が販売しているED治療薬です。
この治療薬はバイアグラ同様にシルデナフィルを主成分にしており、その効果はバイアグラと同様だと言えます。
しかし、その価格はバイアグラと比べて格段に安く、個人輸入代行業者を通してバイアグラ4錠入り1箱の3分の1程度の値段で購入する事が出来ます。
しかもバイアグラと違い、カベルタは一箱に8錠入っているのです。
つまり実質的にはバイアグラの6分の1の価格で購入が可能だという事です。
この様な価格の安さから、バイアグラの購入を諦めていた方も気軽に購入出来ると言えるのではないでしょうか。
カベルタは、EDの症状に歯痒い思いをしている男性にとって、救世主となる事が出来るED治療薬だと言えるでしょう。