バイアグラのジェネリック薬の使い方とは

劇薬に分類される薬は、何かと話題になりやすいものです。
かつて世界を席巻したバイアグラも、血管を拡張して勃起を促す効果が認められ、全世界の男性の支持を得ました。
ただ、その副作用も大きく、めまいや息切れ、血圧の急激な変化、吐き気や頭痛などが出るのは有名な話です。
心臓疾患や脳梗塞をわずらっている人の使用や、硝酸剤を使っている人が同時併用することも禁じています。
これは、命に関わる急激な変化があるからです。
今はこうした情報がすぐにネットで手に入るので、それを参考にしていくのがベストでしょう。
日本のクリニックでは、認可されたバイアグラ、レビトラ、シアリスがED治療薬として処方されています。
今後、インドで作られたこれらのジェネリック薬も特許が切れ次第日本で認可されていくともっぱらのうわさです。
その筆頭にいるのがインドの製薬会社が作ったバイアグラのジェネリック薬カベルタで、主成分はシルデナフィルですから、効果などはほぼバイアグラと同じになります。
インドでは医薬品の特許に関する法律が特別なので、ジェネリック薬を作るのが簡単です。
オリジナル品のメーカーに対して払う特許料がもともとないので、その分ジェネリック薬の価格が破格に安くなります。
この仕組みを知っていると、インドの医薬品がなぜここまで安いのか納得でき、安心して買うことができるでしょう。
恥ずかしながら私はこの仕組みを知らず、インドの医薬品が安いのは質がよくないからではと疑っていました。
こうした根拠のない偏見は、早いうちになくしておいたほうが自分のためです。
おかげで私は今、インポ解消のためにカベルタを個人輸入し、自分のセックスライフを充実させることができています。
もちろん最初は何もわからない状態からのスタートですから、いろいろなサイトで情報を得てから購入にこぎつけました。
カベルタの使い方はバイアグラに準じるもので、禁忌事項や副作用、まがいものとの見分け方まで、バイアグラそっくりです。
そのため、飲み方なども同じように注意すればよく、ある意味なじみやすかったと記憶しています。
バイアグラ自身が強烈な作用を持つ薬ですので、それを認識した上で使わなくてはなりません。
私も自分でこのジェネリック薬を使ってみて、サイトに書かれたシルデナフィルの効果が想像以上に強いこと、食事の影響を受けやすいことなどを体で学びました。
その結果、最適な使い方を見つけるに至ったのです。
値段的には一錠150円から300円と破格の安さを誇るカベルタは、バイアグラとほぼ同じ効果を持つだけに、お得な薬と呼べます。
これは、純正品を確実に手に入れた場合ですが、今は販売業者さんたちもまがいものやニセモノを駆逐し、確実に正規品のみを流通させようとしているのです。
そのため、信頼できるサイトとできないサイトの差がはっきりしてきました。
医薬品関連の掲示板などを見ていれば、おのずとその違いが見えてくるでしょう。